もしかしたらAGA?!in福岡

AGAは薄毛の原因の一つです。男性ホルモンであるテストステロンがジヒドロテストステロンという脱毛物質に変化することによって薄毛を引き起こします。

薄毛の原因について考えてみましょう。

単に薄毛といっても原因はいくつか挙げられます。

代表的なものを最初に列挙してみましょう。

①栄養不足、②頭皮環境の悪化、③睡眠不足、ストレス、④AGA、などがあります。

1つ目の栄養不足ですが、髪の毛も日々成長しています。

当然のことながら、栄養を十分に補給しなければ成長できずに脱毛してしまいます。

タンパク質、脂質、炭水化物、ミネラルをバランスよく摂取することが大切です。

2つ目の頭皮環境の悪化ですが、頭皮は皮脂をたくさん出しています。

これをそのままにしておくと毛穴に詰まってしまい、頭皮が炎症を起こす原因となります。

頭皮の炎症は髪の毛の成長に悪影響を与えることは言うまでもありません。

毎日のシャンプーによって頭皮環境を衛生的に維持することが大切です。

3つ目の睡眠不足とストレスですが、これらを侮ってはいけません。

肌荒れと同じように、頭皮も荒れてしまいます。

また、ストレスは髪の毛にとっては天敵のようなものです。

日々のストレスと上手く付き合っていくこと、また、ストレスをため込まないようにすることが大切です。

最後にAGAを上げました。

AGAは男性型脱毛症と呼ばれるものです。

前記の3つの原因とは少し趣を異にします。

20代であるにもかかわらず、前頭部が禿げ上がってきた、頭頂部の地肌が透けて見えるようになってきた、というような症状がある場合、AGAを疑う必要があるでしょう。

AGAは、男性ホルモンであるテストステロンが、ジヒドロテストステロンという脱毛物質に変化することによって引き起こされるものです。

自分がどの類型の薄毛なのかを知ることは大切なことです。

そして、もしAGAであれば、専門クリニックによる治療が必要です。

AGAか否かを見極めることは、薄毛対策の最初の一歩ということができるでしょう。

AGA(男性型脱毛症)治療の専門クリニックはこちら

Comments are closed.

もしかしたらAGA?!in福岡 - AGAは薄毛の原因の一つです。男性ホルモンであるテストステロンがジヒドロテストステロンという脱毛物質に変化することによって薄毛を引き起こします。.

Powered by WordPress using the theme Blog Curvo (by Sumolari).

Entries (RSS) and Comments (RSS).

Top